すみなすワークスタイル

職員の声

岡村 美里さん(平成29年4月入職)
地域支援センター 

仕事の内容は?
6人の利用者さんが暮らすグループホームで、食事・お風呂・通院・余暇など様々な生活支援をしています。私自身が一人暮らしを始めたこともありますが、毎日をきちんと生活していく事の大切さと難しさを実感しています。利用者さん達、皆、とても優しい方たちです。がんばっても上手くいかない時もありますが「ありがとう」と言ってもらえた時や「おはよう」と言い合えた時は嬉しいですね。生活の中で起る困りごとは話を聞いたり一緒に考えたりしながら、丁寧に解決するようにしています。皆で一つ一つ積み上げていく毎日の生活にやりがいを感じます。
大切にしていることは?

利用者さんとの距離感を大切にしています。仲良くなって距離が近くなり過ぎると、つい「こうでしょ?」とこちらが決めてしまいそうになります。でも、ご本人の気持ちは「今はそうじゃない」かもしれない。自分の思いを表現することが難しい場合もあるので「こう考えている?」「これでいい?」と一つずつ確認しながら支援するように心掛けています。その人にとってのベストな選択を常にしていくには、支援者として程良い距離感をもって利用者さんの思いを丁寧に確かめていく事が大事だと思います。

すみなす会を選んだきっかけは?

大学で福祉を学び、障害福祉が充実している横浜で働きたいと考えていました。グループホームで旅行にも出かけるという「すみなす会」ってどんな所だろう?と関心を持ったのがきっかけです。利用者さんの希望を聞いて計画を立てて皆で出かける。自由な雰囲気があるからこそできる事です。「学んだことも活かせるし、旅行も好きだ。これはいい!」と応募しました。希望通りグループホームに配属になり、去年は大阪のユニバーサルスタジオジャパンへの旅行を支援しました。

応募したもう一つの理由は、法人が幅広い事業を進めていることろです。入所施設や日中活動、相談事業、後見的支援室・・地域ケアプラザもある。仕事に広がりがあって色々なことが出来そうだと思いました。職員も経験豊かで人柄も良く、尊敬できる方が多いです。

これから挑戦したいことは?
新しいグループホームの立ち上げに取り組んでみたいです。一から積み重ねて全部を作り上げていく事に魅力を感じます。何より「はじめに関わった職員は利用者さんの心に残る」そうです。利用者さんの「はじめ」に関われるってすごい事だと思うのです。
職場の先輩で利用者さんへの言葉かけが素晴らしく、利用者さんからもご家族からも信頼されている人がいます。先輩のように関わりの上手な職員になれたらいいなと思います。